第13回ジャパン・インターナショナル・シーフードショー
会期:2011年7月27日(水)・29日(金)
時間:10:00〜17:00 (29日は16:00まで)
会場:東京国際展示場
    “ビッグサイト”東5・6ホール

展示会では生寿司種の南海シリーズ=「南海甘海老」「南海とび卵」「マツブ貝スライス」を出展PRいたしました。新商品「南海味付けはまぐり」を加え、4商品を『お刺身』『握り寿司』等にてご試食していただき、高評価を得ました。
「南海甘海老」の握り寿司
「南海とび卵」、「南海甘海老」、「マツブ貝スライス」
を使った握り

自信の「南海シリーズ」に今秋から「南海味付けはまぐり」を第3弾として投入します。軍艦巻から巻物まで幅広い用途に。 「南海シリーズ」第1弾の「南海甘海老」は好鮮度のインドネシア産養殖バナメイエビを独自技術で加工。生の食感を保ちながら、鮮やかなエビ特有の赤みを帯びた色合いです。第2弾の「南海とび卵」は「オレンジ」と「ゴールド」2種類をラインナップし、インドネシア産乾燥卵をベースに、独自製法で光沢とプチプチが楽しめる一品です。
「マツブ貝スライス」はロシア・マガダン産の天然マツブ貝をスライス加工。コリコリした食感とほのかな磯の風味を満喫できる商材に仕上げました。
  Copyright (C) Koyo Trading Ltd. All Rights Reserved.