会社名

広洋貿易株式会社 (こうようぼうえき)

英名:  Koyo Trading Ltd.
中国名:廣洋貿易有限公司
代表者名 代表取締役 八木俊三
本社所在地 〒104-0045 東京都中央区築地2丁目12番8号大広ビル7階 
TEL 03-3542-1511

FAX

03-3542-1512
URL http://www.koyotrading.co.jp
E-mail mail@koyotrading.co.jp
設立 昭和61年10月1日
資本金 1,500万円
年間売上高   24億6,291万円 (第28期 2012年4月01日〜2013年3月31日)※(第27期:前年度=21億7,955万円)
従業員数 8名
取引銀行 三井住友銀行 築地支店
三菱東京UFJ銀行 銀座支店
商工中金 本店営業部
りそな銀行 東京中央支店
事業内容 水産物全般取り扱い及び寿司種製品等の輸出入業務及び国内卸売業
主要取扱品目 輸入業務:冷凍寿司種(南海甘海老、南海とび卵、つぶ貝、白とり貝、煮穴子、しめさば等)
輸出業務:冷凍寿司種、冷凍魚(マグロ・ハマチ等)、日本食食材(酒類、わさび、味噌、酢、調味料他)
販売・輸出入先 国内販売先:国内水産物問屋、国内加工業者、外食産業等
海外輸出入先:主に米国、カナダ、インドネシア、インド、香港、シンガポール、中近東、EU 等
仕入れ先 インドネシア協力工場(マカッサル地区、スラバヤ地区)
インドネシア提携海水養殖場(ジャカルタ北部島)
中国山東省煙台地区協力工場(2地区)
日本国内食品メーカー、国内有力水産問屋、酒蔵メーカー等
沿革 1986年 : 10月付、資本金1000万円にてスタート。
1986年 : インドネシアにて寿司海老の受託加工を始める。
1995年 : 中国にて煮穴子の受託加工を始め、主として寿司種製品中心の取り扱いをする。
1997年 : 急激な円安に応じて、冷凍魚・日本食品等の対米輸出などを手掛ける。
2002年 : 登録商標済「南海甘海老」銘柄で生海老加工販売を開始。
2004年 : 第6回ジャパン・インタナショナル・シーフードショーに参加。(東京ビッグサイト)
2005年 : 第2回ジャパン・インタナショナル・シーフードショー大阪に参加。(インテックス大阪)
2005年 : 第7回ジャパン・インタナショナル・シーフードショーに参加。(東京ビッグサイト)
2006年 : 2月付、資本金1500万円に増資。
2006年 : 第3回ジャパン・インタナショナル・シーフードショー大阪に参加。(インテックス大阪)
2006年 : 第8回ジャパン・インタナショナル・シーフードショーに参加。(東京ビッグサイト)
2007年 : 第4回ジャパン・インタナショナル・シーフードショー大阪に参加。(インテックス大阪)
2007年 : 第9回ジャパン・インタナショナル・シーフードショーに参加。(東京ビッグサイト)
2008年 : 第5回ジャパン・インタナショナル・シーフードショー大阪に参加。(インテックス大阪)
2008年 : 第10回ジャパン・インタナショナル・シーフードショーに参加。(東京ビッグサイト)
2009年 : 第6回ジャパン・インタナショナル・シーフードショー大阪に参加。(ATCホール)
2009年 : 第11回ジャパン・インタナショナル・シーフードショーに参加。(東京ビッグサイト)
2010年 : 第7回ジャパン・インタナショナル・シーフードショー大阪に参加。(ATCホール)
2010年 : 年初より新商品「南海とび卵」をインドネシアで現地加工直輸入にて販売開始。
2010年 : 第12回ジャパン・インタナショナル・シーフードショーに参加。(東京ビッグサイト)
2011年 : 第13回ジャパン・インタナショナル・シーフードショーに参加。(東京ビッグサイト)
2012年 : 第14回ジャパン・インタナショナル・シーフードショーに参加。(東京ビッグサイト)
2013年 : 第15回ジャパン・インタナショナル・シーフードショーに参加。(東京ビッグサイト)
特記事項 酒類販売業免許証(免許番号 京酒 第243号)取得済
「南海甘海老」(商標登録証 登録第4906557号)取得済


  Copyright (C) Koyo Trading Ltd. All Rights Reserved.